読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマワリの花言葉

神山くんに骨抜き腰砕けなオタクの考察

CHO-EXTACYを深読みしてみた話。


小瀧くんがいやらしい声で囁いてるCHO-EXTACY(本人談)
クラブパーティーを彷彿とさせるこの曲を今回は深読みしていきたいと思います。

あくまでわたしの調べた知識と想像なので、あーそんな感じなのかなぁ、くらいで受け止めていただけると。


まずは題名から紐解いていきます。

注目すべきは「extacy」
これは気づいてる方も多いと思うのですが
「恍惚状態」を表すextasyとはスペルが違う。
sではなくcと書く「extacy」が表す意味は

通称「MDMA」

簡単に言うと違法ドラッグですね。
幻覚剤とされており、多幸感や共感をもたらす作用があるようです。ラブドラッグと呼ばれたりもするようで、まぁ…その、感覚を高める(上品な表現)薬だったり。

…この時点でいろいろヤバイ
とりあえずこれを念頭に置いて歌詞を見ていきます。

始まれば、僕ら止めるヤツがバカみたいに思えるよ
凄いものに出会った気分になっちゃ
それに反対する方が異常か
この「凄いもの」に値するのがおそらくエクスタシー。
「始まれば」の主語はパーティーです。「レイブ」と呼ばれる薬物汚染の深刻化が問題視されているものかと…

つまり、

レイブが始まれば、エクスタシーを止める奴がバカに思えてくる。
すごいものに出会ったような気分になって、それに反対するやつはおかしい、と信じ込むようになる

ということです。
(言っていいのかわからないけど、作詞された方が参考にされたのであろう文献を見つけてしまったので、そこから引用しています)

二人きり悪いことをしよう ってことじゃないよ oh oh oh
多数決で決まる常識 まだきっと僕らは少数派
ここはもうそのまんま、違法なこと(ドラッグ)しちゃおうってことですね。

マジでCHO-EXTACY
悪魔のパスポートなんて無しでHIGH
CHO-EXTACY
今夜は愛も非合法
Three,Two,One,
CHO-EXTACY
ここで気になるのは「悪魔のパスポート」と「愛も非合法」

悪魔のパスポートって何を示しているんだろう?と思いまずは素直にGoogle様を頼ってみたところ、なんと出てきたんですよね
…ドラ○もんの道具が。

真面目に読んでみると、ひみつ道具悪魔のパスポート」は免罪符のようなものみたいです。…ありえなくもない?

けどさすがにそれはないかなぁと思い直し、ひとまず「パスポート とは」で検索。

①旅券、入場券、許可証
②手段

旅券の意味でいったらHIGHを(テンションと空を)かけてるのかなぁ…とか思ったりしたけどそんなつまらないギャグではないと思うので旅券はなし。
手段なしってドラッグがすでに手段だからそれもなし。
…ということから、あくまで予想ですが、入場券や許可証なしでHIGH=だれでもHIGHになれるよ 的なことなのかなぁ、と。

そして「愛も非合法」
このフレーズは作詞された方がこの曲が収録されたCDのお知らせをされたときに使ってらっしゃったので、割とキーフレーズなのかな?

愛“も”ってことは他にも非合法なことがあるってことだけど、それはもちろんエクスタシーのことだから問題なし。
非合法な愛っていうのが何なのかでこの曲のストーリーも変わってくると思うのだけど…

ここでヒントにしたのがエクスタシーの作用のひとつ「共感作用」
おそらく、エクスタシーを使用しているふたりは共感作用によってあたかも両思いであるような感覚にあるのだと思います。

まぁ、簡単に言うと、「その場のノリ」とか「勢い」みたいな感じ。
エクスタシーが非合法だから、エクスタシーによってもたらされる愛も非合法…ってことかな?

Overdose,Oh Oh Overdose
愛におぼれてく(All night long)
君の I love you に殺されそう
深みにハマってく(どこまでも)
2番はTHEパーティーって感じですね。スラングもとても多い。

Overdoseは「過剰摂取」
レイブが始まってから時間も経って、いい具合にエクスタシーが効いてきて、さらに重ねてって感じですかね。

この「愛」は先ほど述べたように“非合法”なもの
エクスタシーの共感作用によって彼女が愛を表現してくれているのが嬉しくてさらにエクスタシーを使いたくなる。

…とすると、彼女は普段は自分のことを好きじゃないってこと=別に好きな人がいる

と解釈できるんじゃないかな、と思います。

(それが後に出てくる「あいつ」だったりする)

Ah Yeah ... ゆっくりスワーヴ
目を閉じて そのまま息を Stop
三時台のフライデーナイ
Test Drive 無しの Night Flight
スワーヴはスラングでは「楽しもう」
「尻ふり」なんて意味もあるのですが…まぁ、誘ってるのかな。

Test Drive は試乗のこと。
スラングは「付き合ってみない?」

Night Flight は夜間飛行
スラングは夜のそういう意味があるわけです。

盛り上がるフライデーナイトに、付き合ってないけどやっちゃうってことかな〜〜〜

偏見を売り物にして、平気な人も Oh Oh Oh
そう誰もが他人を干渉してるクセに 自由を願う
偏見を手放して快感を手に入れる。偏見がない人ももちろん。
とりあえずみんなエクスタシー使おうぜ的なやつ…?(ここよくわからないすいません)

「そう」と肯定の言葉があるということは、後ろの文章は自分にも当てはまるということ。

エクスタシーを使って他人を思い通りにできたりもするっていう勧誘(?)

マジでCHO-EXTACY
今夜のラストなんて無しでFLY
CHO-EXTACY
覚醒してく I love you
Three, Two, One, Check ...
FLYってそういうこと…?

CheckはWHITE JAMさんの楽曲のひとつにも使われている歌詞で、個人的にはチェスでつかう「王手」の意を表してるのではないかな、と思います。チェックメイトで勝利。先ほど述べた自由を手に入れることができた…のかな?

エクスタシーによる共感作用で他に意中の人がいる彼女もその気になって、簡単に奪えちゃうよ って感じ。

君のいうこと 真に受けるあいつ 冗談でしょ
でも嘘だとしても、本当にすればいい
ここで出てきました、先ほどから存在を匂わせている「あいつ」
私のこれまでの解釈にあてはめると

エクスタシーを使用した彼女は「○○(僕)のことが好きなの」と言ってしまい、あいつは真に受ける。
それが嘘だとしてもエクスタシーを使って本当にすればいい

こんな感じです。

この後はサビの繰り返しなので意味は変わらず。歌詞の深読みはここで終了です。


【まとめ】

金曜日の夜、レイブに参加した“僕”と“君”。
パーティードラッグであるエクスタシーを使用し、多幸感からそのまま…
“君”はドラッグの作用から“僕”を好きだと思い込み“あいつ”に別れを告げる。
それを本当のことにするために“僕”も“君”もエクスタシーを過剰摂取し、終わらない夜をすごす…


私の解釈(というか妄想ストーリー)は上記の通りです。最終的にふたりともクスリ漬けなわけですが、


違法ドラッグ、ダメ、絶対!!