読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヒマワリの花言葉

神山くんに骨抜き腰砕けなオタクの考察

ジャニストと浮気したい話。


さぁーきました、ジャニストと○○したいシリーズ第2弾!今回のテーマは「浮気」です!

前回の「ジャニストに殺されたい話。」( http://hydrangea0701.hatenablog.com/entry/2015/10/13/210036 )に続きまたもや不謹慎な内容となりますので、気をつけてお読みください。

それでは早速参りましょう!


重岡くんは×彼氏持ち女性です。
彼氏との仲が不安になったら、彼が働いている飲食店にお客さんとして会いに行く。
それがサインです。
『いらっしゃいませ…何やまた来たん?』と怪訝そうな顔をしますが『○時に終わるから待ってて』と目線も合わせずに言います。
食事が済んで店員用の裏口付近で待ってると、仕事終わりの重岡くんがだるそうにでてきて、何にも言わずこっちを見もせずに歩き出します。
毎度のことなのでそれに違和感も感じず後ろを黙ってついて行って、夜の街に消えていく。
ホテルの部屋に入ると『今日は何があったん』と服を脱ぎながらサラッと聞いてきます。
訳を話すと『ふーん』と自分から聞いたくせに興味なさげな返事をして押し倒す…かな?



照史くんは×既婚の同級生
同窓会で再会するタイプのやつです。
旦那さんが素っ気なくてもやもやしているときに『結婚したって言うから諦めてたんに何でそんな幸せそうじゃないん?奪いたくなんねんけど』と言われて、その日は帰らない…かと思いきや『今度の休み、楽しいとこ連れてったるわ』と半強制的な約束をさせられ「昔から仲よかった女の子と話が弾んちゃって」と嘘をついて会いに行きます。
『もったいないよなー、こんなに綺麗なのに可愛がらへんとか』とたくさんたくさん愛でてくれる照史くんのおかげでお肌も髪の毛も調子がよくなったことに違和感を覚える旦那さん。
…さぁーどうなるかな?



淳太くんは×年上既婚女性
まだ物心のついていない可愛い娘さんのいる家で専業主婦のお姉さんと、旦那さんが帰ってくるまでイチャイチャ(可愛い表現)してほしいです。
相手は年上だけど淳太くんの方が優位。
22時頃帰ると連絡をうけた奥さんが「淳太くんそろそろ…」と言うと、『あぁ、もうそんな時間なんや。もっと一緒にいたかったなぁ…最後に一回だけいい?』と言ってキス。
『それじゃあ、旦那さんによろしく』とふざけて笑いながらドアを開けて家を出ます。
余裕そうにしてるけど、かなり奥さんに惚れ込んでて、内心めっちゃ奪いたいと思ってる。



神山くんは勝手な理想ですっごいゲスくあってほしい。×彼氏持ち女性
「彼女」というより「浮気」が好きで、彼氏持ちの子としか関係を持ちません。背徳感とスリルを楽しんでる。
彼女はほんとに神山くんのことが好きになって、現彼氏に別れを告げます。
「私ともくんと一緒になりたくて、彼氏と別れてきたの。」
そう言われた瞬間に冷める。
『はぁー、何でそんなことするん?つまんな。俺お前を本命にする気なんてこれっぽっちもないねんけど。彼氏いない子の相手なんて楽しくないわ。』と言って出ていき、また新しい子を探しに出ます。クズ。



藤井さんは、夜の街をふらつくイケメン。×年上女性
お仕事もお家もお金もないけど、ふらつくだけで生活できてる。
酔ったお姉さんに近づいて『ホテル行かへん?』って。これだけで収穫完了です。
『彼氏どんな人なん?へぇーかっこいいなぁ』とたいそう興味ないような話をしながらやることやって、一晩過ごせばサヨナラ。
ちなみにシャワー浴びてるあいだにお財布が少し薄くなってます。
愛想はいいから、一晩限りってわけではなく、『あ、おねーさん久しぶり!最近どうなん?』と話しかけてくる。結局彼のペース。



【濵田崇裕】
濵田くんは×年下の女の子
濵田くんは他とは逆で、自分が妻子持ち。
どちらもそんなに押さない性格で彼女も学生だから取り返しのつかないことはしません。
LINEも番号もアドレスも知らない。
いつものカフェのいつもの席に指定された時間に行くだけ。
濵田くんの後ろには時計があって、『今何時?』と聞かれると答えなくちゃいけない。どんなときも自分から別れを告げなきゃいけないし、家庭がある彼にわがままも言えない。
『ほんなら俺行くな。○時に帰るって言ってるから。お金置いとくからもうちょっとゆっくりしときや。』と言ってジャケットを羽織ります。
『次はいつ頃?』という質問に「○日はバイトないです」と答えると『ん、りょーかい。会えるようにするわ。』と言って頭にぽんっと手を置いて『またな』って。
うわーーーせつない!!!()



小瀧望
ラストBBは×年上の浮気者
ちょっとテイストが変わるけど、彼は探偵…というか何でも屋みたいなのをしてほしい。
所謂「色仕掛け」ってやつ。
例えば「彼女の浮気を証明してほしい」っていう依頼を、浮気(?)で解決します。
近づいて誘って、酔わせて、信用かつ口も軽くなったところで『他に何人オトコいるん?笑』
答えたところでピタッと止まって『…らしいっすよー』と電話を取り出し通話中画面を見せる。
呆気にとられてる女性を見て笑いながら服を着て、『ほんまアホやなぁ。あっさり言ってまうんやもん。でもお姉さん、なかなかよかったで。この仕事ってさ、ええよなぁ。お姉さん抱けて、金もらえて、感謝までされんねんで?サイコウ。そんじゃ、また依頼あったときはよろしくな〜〜〜』と部屋を出て行く。
クズやんなぁ笑



…という感じです!!
各担当様申し訳ございませんでした。


分かってはいると思いますが、これは全て私の妄想でして、実際彼等がこのようなことは一切ございません!し、私も浮気したりしてません!笑


お気分を悪くさせてしまった方は申し訳ありませんでした。もっとピュアな妄想をしたいものですね。


それでは、読んでくださりありがとうございました。ごめんなさい(^O^)